個人事業主の短期資金調達とネットキャッシング

総量規制で個人事業主が利用しにくくなった

総量規制は、個人の事業資金については例外としていますが、多くの場合、個人事業主は短期のつなぎ資金として、フリーローンを利用していました。

もともと、事業資金として、銀行や公的融資を利用するのが大変だったり、時間がかかったりする部分を補うために、ノンバンクのフリーローンを利用していたわけですから、そこに規制がかかってしまったことで、簡単には借りられなくなってしまったわけです。
個人事業主の場合、生活資金と事業資金の区別はほとんどありませんから、なかなかどこまでが事業資金で、どこまでが生活資金か境目が難しい点があります。
そして総量規制の例外として借りようとすれば、事業収支や資金計画など、かなり面倒な書類を用意しなければなりません。
もともとギリギリで回している零細の事業では、そんなにゆとりのある計画書が作れるわけもなく、借りられたとしてもとても少ない限度額であったり、そもそも素早くキャッシングして、不足分を短期的に補うのが目的の資金ですから、書類を用意して、審査を何日も待ってという時間的な余裕もないわけです。ですから、急に必要になった場合に備えて、事業資金として使えるローンカードを早目に作っておくべきでしょう。

おすすめはビジネクストのカードローン

1万円〜1,000万円 8.0%〜15.0%(100万円以上) 13.0%〜18.0%(100万円未満)
最長5年(60回以内) 対象 法人または個人事業主

ノンバンクが資金をかりやすい方向に動いている

多くのノンバンクは、総量規制前は個人事業主の資金調達にも、個人向けのフリーローンを提供していましたが、総量規制を受けるようになったからは、それに答えられなくなりました。
需要があるのに、総量規制のために貸し出せないという事になっていました。そこで最近は、総量規制の例外として貸すことのできる融資を拡充させるようになってきました。

事業資金の借入金額が100万円以下の場合

100万円以下の融資であれば、「事業計画」「収支計画」「資金計画」などの面倒な書類を必要とせず、「事業の状況」「収支の状況及び資金繰りの状況」だけでいいとされているので、プロミスなどを代表として、確定申告書と、事業をやっていることの分かる証拠として、納品書や請求書などといったものを提出するだけで融資をするという簡易な方法で貸してくれる方法を取る様になっています。
これならば、敷居の高く銀行のビジネスローンなどを利用する荷が困難な人でも短期資金を素早くネットキャッシングできると思います。

総量規制対象外のフリーローン資金調達できるか?

総量規制の対象外となっているフリーローンは銀行の貸付です。銀行のフリーローンであるカードローン商品も今は、ノンバンクのようにネットキャッシングが素早くできるものが増えているので、口座残高が不足などのときには便利です。審査スピードも早いものも出てきていますし、申込に収入証明のいらないところもでてきているので、手間がかからなくなってきています。

銀行のカードローンは事業資金利用できない?

総量規制を受けないフリーローンとして、今銀行のカードローンが、総量規制を受けないため2百万前後の限度額でも、収入証明を不要としていたり、金利が低かったりなどで人気です。ただし、銀行のカードローンの使途は原則自由ですが事業性の資金としては使えないとなっている事がほとんどです。
つまり、カードローンを作れたとしても、それを事業資金として直接利用する事ができず、別に用意されているビジネスローンなどを利用しなければなりません。
ただ1つの考え方としては、生活資金がたくさんかかっている家庭の場合、教育費や住宅ローンなどの支払資金をカードローンで借りたもので賄えば、自然と事業資金に回せるお金に余裕ができるわけですから、資金調達と同じ効果が発生します。

個人事業主のネットキャッシング関連ページ

ネットキャッシングの事例
パソコンやスマートフォン、携帯などのネット接続端末があれば、どこにいても借りることができるネットキャッシングは色々な時に助かります。
月の返済額はどれぐらい
ネットキャッシング業者の上限金利で借りた場合、月々の返済額はどれぐらいになるのか調べてみました。
ネットキャッシングの最大のリット、そしてデメリットは?
ネットキャッシングの最大のメリットを紹介します。ただしそれにともなうデメリットもありますので注意しましょう。
賢く上手なネットキャッシング利用方法
便利なネットキャッシングをうまく活用する方法についてまとめてみました。もともと便利だけれど使い方次第ではもっと便利にお得に使えます。
スマフォでキャッシングに便利なアプリ
申込からキャッシングまで、全部スマフォで済ませることができたほうが便利ですね。スマフォでうまく使えるアプリがあるかどうかのチェックをするといいでしょう。