返済額から低金利で有利なところを比較してみました。

月の返済額で比較してみました。

ノンバンクのカードローン

直ぐに審査が可能で、ネットキャッシングできるノンバンク。しかし銀行のカードローンなどよりも金利が高めなので、初めて利用する場合はちょっと心配になりますね。そこで、代表的なプロミスとアコムで、おかねを借りた場合、月々どのぐらいの額を返済していくことになるのか、実際にシュミレーションしてみました。

このぐらいの金利で、月々このぐらいの返済が必要という事が分かれば、少しは安心して申込できるのではないかと思います。
金利は2014年7月現在の上限金利でシュミレーションしていますので現況の金利と異なる場合があります。簡易計算ですので実際の返済と異なるばあがあります。

10万円を借りた場合の月々の返済額

最終月が端数になる場合があります。

プロミス−借入利率:17.8%
1年以内(11回) 10,000円 109,043円
2年以内(24回) 5,000円 119,490円
3年以内(32回) 4,000円 125,864円

アコム−借入利率:18.0%
1年以内(11回) 9,929円 109,219円
2年以内(24回) 4,992円 119,808円
3年以内(32回) 3,957円 126,624円


20万円を借りた場合の月々の返済額

最終月が端数になる場合があります。

プロミス−借入利率:17.8%
1年以内(12回) 19,000円 219,093円
2年以内(24回) 10,000円 238,999円
3年以内(32回) 8,000円 251,743円

アコム−借入利率:18.0%
1年以内(12回) 18,335円 220,020円
2年以内(24回) 9,984円 239,616円
3年以内(32回) 7,915円 253,280円


30万円を借りた場合の月々の返済額

最終月が端数になる場合があります。

プロミス−借入利率:17.8%
1年以内(12回) 28,000円 329,160円
2年以内(24回) 15,000円 358,508円
3年以内(36回) 11,000円 387,289円

アコム−借入利率:18.0%
1年以内(12回) 18,335円 220,020円
2年以内(24回) 9,984円 239,616円
3年以内(36回) 7,915円 284,940円


銀行カードローン

これに対して、金利が低めな銀行のカードローンで借りた場合の月々の返済額を比較としてシュミレーションしておきます。金利の違いがどの程度の月々の支払の差額を生むのかどのていど月の返済額が違うのか、意外と大した差にはならなかったりする場合もあります。差額は人によって大きい感じる場合もあるでしょうし、大した違いにはならないと感じる場合もあるでしょう。

どちらを利用したほうがいいか各自の必要な状況に応じて判断しやすくなると思います。

10万円を借りた場合の月々の返済額

三菱東京UFJカードローン「バンクイック」−借入利率:14.6 %
1年以内(12回) 9,006 円 108,072円
2年以内(24回) 4,829 円 115,896円
3年以内(36回) 3,446 円 124,056円

みずほ銀行カードローン−借入利率:14.0 %
1年以内(12回) 9,853円 108,373円
2年以内(24回) 5,040円 115,905円
3年以内(36回) 3,537円 123,763円


20万円を借りた場合の月々の返済額

三菱東京UFJカードローン「バンクイック」−借入利率:14.6 %
1年以内(12回)  18,013 円 216,156円
2年以内(24回) 9,659 円 231,816円
3年以内(36回) 6,893 円 248,148円

みずほ銀行カードローン−借入利率:14.0 %
1年以内(12回)  19,706円 216,761円
2年以内(24回)  10,080円 231,842円
3年以内(36回) 7,074円 247,573円


30万円を借りた場合の月々の返済額

三菱東京UFJカードローン「バンクイック」−借入利率:14.6 %
1年以内(12回)  27,020 円 324,240円
2年以内(24回) 14,489 円 347,736円
3年以内(36回) 10,340 円 372,240円

みずほ銀行カードローン−借入利率:14.0 %
1年以内(12回)  29,559円 325,146円
2年以内(24回)  15,121円 347,773円
3年以内(36回) 10,611円 371,381円


 

月の返済額はどれぐらい関連ページ

ネットキャッシングの事例
パソコンやスマートフォン、携帯などのネット接続端末があれば、どこにいても借りることができるネットキャッシングは色々な時に助かります。
個人事業主のネットキャッシング
個人事業主にとってはつなぎなど短期の資金として重宝するネットキャッシング。上手に短期資金として利用するにはどうしたらいいでしょうか
ネットキャッシングの最大のリット、そしてデメリットは?
ネットキャッシングの最大のメリットを紹介します。ただしそれにともなうデメリットもありますので注意しましょう。
賢く上手なネットキャッシング利用方法
便利なネットキャッシングをうまく活用する方法についてまとめてみました。もともと便利だけれど使い方次第ではもっと便利にお得に使えます。
スマフォでキャッシングに便利なアプリ
申込からキャッシングまで、全部スマフォで済ませることができたほうが便利ですね。スマフォでうまく使えるアプリがあるかどうかのチェックをするといいでしょう。