ネットキャッシングは賢く使えばとっても役立つ

ネットキャッシングに指定できる口座の確認

ネットキャッシングは自分の口座に振り込みしてもらうお金の借り方になりますので、どの口座に振り込みができるかというのが重要です。

銀行のカードローンのネットキャッシングの場合、他行の口座を指定することができないものもありますので、事前に調べておき必要があります。
自行の口座にしかネットキャッシングできず、その口座が普段利用することがない場合だと、また別のメインの口座に振り込みする必要が出てきてしまい、そのために振込手数料を無駄に使わなければならない場合もあります。
普段から利用している銀行口座のカードローンを利用するか、他の銀行口座をネットキャッシングの口座に登録できるようなカードローンの方が便利です。
ノンバンクのカードローンの場合、もともと自行の口座がないわけですから、色々な銀行口座をネットキャッシング先と指定でき、また複数登録しておくことができるところもあります。
自分の利用したい銀行口座に直接ネットキャッシングできないカードローンであれば、金利が低くても、他行への振り込みをする事が多くなれば低金利の優位性がありませんので金利だけで選ばないようにしましょう。

ATM手数料がかからないようにしよう

ネットキャッシングのメリットは、自分の口座に振り込むことによって、ATMから自分の通帳のキャッシングカードで引き出せることにありますから、ATMの引き出しに手数料がかからないで済むような、普段良く使う場所にあるATMから引き出せるカードローンにしましょう。
曜日や時間帯、銀行口座によって、ATMからの引き出しに手数料がかかってしまう事があります。できるだけ引出の時に手数料がかからないようにしないと、ただでさえ金利がかかっているわけですからもったいない事になってしまいますので注意しましょう。

土日休日でも使えると便利

特定のネットバンクの口座、楽天やジャパンネット銀行の口座などであれば、土日休日、夜間など金融機関がやっていないときでも振込ができるカードローンがあります。土日休日の利用が多い人は、土日休日でもネットキャッシングできるカードローンを作る方がずっと使い勝手がいいと思います。

自動融資も便利

ネットキャッシングは、口座残高不足になりそうなときに、直接口座に振り込めるので、ついうっかりという事が多い人にもとても便利です。ただ、もっと便利なものとして、残高不足になる場合に自動融資の設定ができるカードローンというものもありますので、頻繁に繰り返す人は、自動融資オプションのあるカードローンを持つといいでしょう。ただし、銀行のカードローンで、同行の口座の場合のみの自動融資になります。

賢く上手なネットキャッシング利用方法関連ページ

ネットキャッシングの事例
パソコンやスマートフォン、携帯などのネット接続端末があれば、どこにいても借りることができるネットキャッシングは色々な時に助かります。
個人事業主のネットキャッシング
個人事業主にとってはつなぎなど短期の資金として重宝するネットキャッシング。上手に短期資金として利用するにはどうしたらいいでしょうか
月の返済額はどれぐらい
ネットキャッシング業者の上限金利で借りた場合、月々の返済額はどれぐらいになるのか調べてみました。
ネットキャッシングの最大のリット、そしてデメリットは?
ネットキャッシングの最大のメリットを紹介します。ただしそれにともなうデメリットもありますので注意しましょう。
スマフォでキャッシングに便利なアプリ
申込からキャッシングまで、全部スマフォで済ませることができたほうが便利ですね。スマフォでうまく使えるアプリがあるかどうかのチェックをするといいでしょう。