自動融資はついうっかりの残高不足に対応できる

自動的に振ネットキャッシングするのが自動融資

銀行のカードローンを契約していて、同銀行の口座を持っいる場合に利用できるのが自動融資というサービスです。自動振替といってもいいでしょうか?

クレジットカードや公共料金の自動引き落としで、口座に現金が足りなくなってしまった時に、引き落とせないままになってしまうと大変なことになってしまいます。
クレジットカードの場合この延滞を3度もやってしまうと信用情報に5年残ってしまいますし、1度でもクレジットカードの更新ができなくなってしまう可能性もあります。
こんな時に保険的な役割にもなるのが自動融資です。引き落としがかかった時に口座残高が不足した場合だけ不足分だけ融資が行われるので無駄がありません。
もちろん借りずに済むに越したことがないのですが、利用登録、申込をしておけば、万が一の時に助かります。
使用しなければ手数料や会費などもかかるわけではありませんので、デメリットほとんどはないと思います。
カードローンを契約しているのだったら利用しない手はないでしょう。ただし銀行のカードローンならば必ずしもあるサービスではありません。
また申込みしないと自動融資は機能しないので申込することが必要です。

ページトップへ戻る | HOME

自動融資に対応しているカードローン

ジャパンネット銀行

代表的なネットバンクの走りであるジャパンネット銀行。もともと店舗がないネットバンクで、カードローンのようなサービスとして、「ネットキャッシング」という融資商品を持っています。
無利息サービスも用意されていて、自動融資でもこの無利息期間は適用されます。極度型ローン契約に変更することで自動融資の利用ができるようになります。
自動融資がされるのは、クレジットカードの引き落としや公共料金などの引き落としで、公営競技インターネット投票サービスの取引ではで融資されません。

三井住友銀行

三井住友銀行の普通口座とカードローンを契約していて、その同行の普通口座を返済用預金口座として登録している場合に自動融資が利用できます。三井住友銀行の自動融資はバックアップという呼び方もあります。
ただし、当然ではありますがカードローンの返済自体に自動融資が行われることはありません。

みずほ銀行

みずほ銀行の銀行口座の開設とカードローンの契約をしている場合に、申込によって自動融資が利用できます。
普通預金のキャッシングカードに、カードローンの機能を付けたカードにしている場合は、預金のキャッシングの時にも、引き出し額が残高よりも少ない場合、自動的に不足部分が融資としてキャッシングされる自動貸越機能も利用できます。

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の2つのカードローンのうち「マイカード プラス」というカードを契約すると、自動融資が利用できます。
この「マイカード プラス」自体自動融資のためのカードローンとなっています。但し限度額は銀行のカードとしては少なく20万円となっています。その分申込審査のハードルはそんなに高くないと思います。インターネットバンキングである三菱東京UFJダイレクトの解説も必要になります。

ページトップへ戻る | HOME

自動融資は残高不足の時安心関連ページ

オリックス銀行カードローン
低金利、提携ATM手数料無料のオリックス銀行のカードローンについての詳細をまとめています。
レイクでネットキャッシング|新生銀行のカードローン
銀行のカードローンなのにノンバンク並みに審査が早く、無利息期間もあるレイクは使い方ってがいい。
AUユーザーがお得なじぶん銀行カードローン
AUのユーザーだと金利が下がるカードローン。じぶん銀行カードローン
ジャパンネット銀行のネットキャッシング
ジャパンネット銀行のカードローンであるネットキャッシングの詳細をまとめました。無利息期間があるね銀行カードローンとしては珍しい存在です。
楽天でネットキャッシング|低金利の楽天スーパーローン
楽天スーパーローンは楽天銀行の極度型カードローンで、ネットキャッシングもできるなかなか使い勝手の良いローンです。